2012年10月30日

CORONA(コロナ)遠赤外線電気ストーブ 「コアヒート」の省エネ機能

本格遠赤外線で快適なあたたかさで
人気の電気ストーブ「コアヒートDH-1112R)」。


「省エネセンサー」搭載で、
人のいない場所での無駄な暖房を
抑えてくれるんです。


「抑える」ってどれくらい?

コアヒート DH-1112R)のカタログを見ると

1シーズン約2,700円」と

書いてありますね。


ちりも積もればなんとやら。

結構大きいと思いますよ。


さらに、すごいのが「ゆらぎ機能」

コアヒートのゆらぎ機能というのは、
定期的にパワーをセーブし、
電気代を約27%〜50%も抑えてくれる
機能だそうです。

これで電気代は1シーズン約4,800円もお得に!


省エネセンサーと合わせて使用すれば、
最大約6,600円も電気代が節約できる
なんてうれしいな。


コアヒートDH-1112R)の省エネ機能について
もっと知りたい方はコチラ↓からどうぞ!

コロナ(CORONA) 遠赤外線電気ストーブ「コアヒート」(省エネセンサー搭載) シャンパンシルバー DH-1112R(SS)
【関連する記事】
posted by コアヒート at 00:00| Comment(0) | コアヒートの機能 | 更新情報をチェックする

2012年10月29日

コアヒートの機能まとめ


通販サイトAmazonで人気の

省エネ電気ストーブ コアヒートDH-1112R)の

スペックについて
確認してみましょう。


まずは、サイズや重さから。


本体サイズ:幅32×奥行30×高さ71.7cm
本体重量:5.8kg



うーん、イメージできますかね。。。
カタログを見てもらったほうがいいかも。

カタログはこちら→
コロナ(CORONA) 遠赤外線電気ストーブ「コアヒート」(省エネセンサー搭載) シャンパンシルバー DH-1112R(SS)

コアヒート」はタテだけじゃなく、
ヨコにしても使えるんですよ、コレが。


原産国:日本


安心の国産ですね。


消費電力:通常モード=1100~390W、
ゆらぎモード=800~190W
電源:100V(50/60Hz)



コアヒートの「ゆらぎモード」は定期的に暖房をセーブして
消費電力を抑える機能ですね。

電源も100V電源で通常の家庭用電源で
使用できます。


上方角度調整:約30度
左右首振可動範囲:左右約70度


上方にも角度がつけられます。
固定ではないので使い勝手が良いと思います。

左右は約70度。

数字だけを見るとちょっと狭い気がしますが、
実際はそんなことは感じないと思いますよ。

コアヒートはヒーター部分の幅が結構ありますから。


機能:省エネセンサー、ゆらぎ運転、消し忘れ防止6時間タイマー、転倒OFFスイッチ、自動首振りスイッチ、過熱防止装置、停電時安全装置、チャイルドロック


省エネ、安全面はバッチリ。

切り忘れ防止、
転倒時には自動でスイッチがOFFになります。


電源コード長:2m


持ち運びをするワケではないので、
まあ、こんなものでしょうか。

もう少し長めだといいかも。



CORONA(コロナ)コアヒートDH-1112R)は
冬の暖房器具として十分な機能だと思います。


石油ストーブや石油ファンヒータ、ガスファンヒーター
のように空気を汚しにくいのも魅力ですね。


コロナ(CORONA) 遠赤外線電気ストーブ「コアヒート」(省エネセンサー搭載) シャンパンシルバー DH-1112R(SS)の機能の詳細はこちら
posted by コアヒート at 00:00| Comment(0) | コアヒートの機能 | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。